東京の真ん中で妊娠中のアラサーOLの日記

2017年8月出産予定、ただいま産休中。

「私、子ども欲しいかもしれない。」を読んだ

34w4d.

 

猛暑日!こうも暑いと散歩に出るのも躊躇われる。。と思ったけど、出歩かないと体力が落ちる一方なので、よく知ってる街をなるべく冷房の効いたデパートや地下を通って散歩してみたら、割と平気でした。寝汗が酷すぎるし、冷房のタイマー切れると目が醒めるし、カッとなってニトリで冷感敷きパッドを買ってきた。今日から使ってみよう。

 

おでかけのお供に、犬山紙子さんの「私、子ども欲しいかもしれない。」をKindleにダウンロードしていきました。

 

私、子ども欲しいかもしれない。:妊娠・出産・育児の?どうしよう?をとことん考えてみました

私、子ども欲しいかもしれない。:妊娠・出産・育児の?どうしよう?をとことん考えてみました

 

 すごく良かった。今の時代を生きる女性の、子どもを持つ/持たない、育てる、働くに関わる悩みを、大きい度量で受け止めてもらっているような本だった。何か特定の価値観を主張するんじゃなくて、みんなそれぞれの価値観で良いよね、っていう相対性、多様性の許容が根底に流れてる。

 

大まかな構成としては、犬山さんの周りの様々な立場の女性へのインタビューと、テーマ別のアンケート調査を主軸に書かれていて、書きようによっては社会学の論文にもできそうな題材。でも、あらかじめ立てた仮説を検証する論文とは違って、悩める当事者としての犬山さんの疑問をぶつけて、その立場にいる女性たちに答えてもらうスタイルなので、読みやすいし共感できる内容になってると思う。

 

個人的には、たとえ妊娠しても「妊婦」がアイデンティティの全てになるわけじゃなくて、自分を構成する面が増えるだけなんだって話が一番グッときた。妊婦であっても、私は私のままなんだよね。

 

その勢いで、犬山さんの夫である劔樹人さんの兼業主夫漫画も買ってみた。

 

 

声出してクスクス笑いながら読んだ。日常ギャグ漫画として面白かったです。