東京の真ん中で子育て中のアラサーOLの日記

2017年8月出産、ただいま産休中。

乳腺のう胞と授乳

35w0d.

 

今日から35週。いよいよな感じあるなー。お腹も張りやすくなってます。やり残したことをコツコツ片付けていこう。

 

タイトルの件、小林麻央さんのニュースを見ていて思い出した。3年前の健康診断から、左乳の乳腺のう胞を指摘されていて経過観察中だったことを。のう胞とは、組織の中に袋ができて、水分とかが溜まってしまってできる良性のしこりです。特に癌化したりするものではないそう。

 

昨年の健診時には妊娠していて診てもらえず、最後に診てもらってから2年も経っていること、それとのう胞の授乳への影響が気になったので、産科で助産師さんに相談してみました。

 

⚫︎前回の健診から期間が空いてることに関して

→授乳が始まるとエコーがぐちゃぐちゃになって判断できなくなるので、念のため出産前に乳腺外科でエコーで診てもらった方がベター。

 

⚫︎授乳への影響

→乳腺のう胞が母乳へもたらす影響は基本的に無し。心配いらない。

 

昨日、同じ病院の乳腺外科でエコーで診てもらったところ、特に異常なしとのことで一安心。エコー見せてもらったら、すでにおっぱいを出す準備で小さい袋?がいっぱい出来ていた。授乳中は、こいつらと病変の細かい見分けは付かないらしいので、ほんとに精緻な検査ができるのは卒乳後半年経ってぐらいから、とのことでした。

 

特に区のクーポンを使ったわけでもないのですが、エコー自体にかかった費用は1,300円程度で、思ったより安かった。これで安心が買えるなら良かったな〜。すっかり乳腺のう胞のこと忘れてたけど、思い出して相談してみて良かった!